遺産分割の手続き

まずは相続人全員で話合いを

遺言がない場合,遺産の分割方法は相続人の全員一致で決めます。
言い方を変えれば,一人でも遺産分割案に同意しない相続人がいれば遺産分割はできないことになります。

合意が得られない場合は

相続人間の話合いでまとまらない場合,家庭裁判所の調停で合意の途を探ります。もっとも,調停もあくまで話し合いの場なので,相続人全員の同意が得られず,不調に終わる場合もあります。

調停でもまとまらなかったら

もし調停を行っても全員一致が得られなかった場合,審判という手続きによって裁判所が遺産分割の方法を決定します。審判は強制力のある手続なので,当事者の合意がなくとも最終的には解決を図ることができます。