過払金

消費者金融やクレジットカードでお金を借りていたが,高い金利を払っていた。

利息制限法という法律によって,業者が受け取っていい利息は上限が決まっています。
もし18%以上(100万円以上の取引があれば15%以上)の利息を払っていた場合,払いすぎた利息を取り戻すことができます。

任意整理・破産・民事再生(小規模個人再生)

お金を借りているが,返済が苦しい。

返済はまず利息に充てられます。借入額が大きいと利息の額も大きくなって,返済してもなかなか元金が減らなくなります。
弁護士が業者と交渉することによって利息をカットしてもらうよう交渉することができます。
また,借入額が収入に比べて大きくなってしまっている場合は破産手続きをとることもできます。
民事再生は破産に比べてメリットが少ないので通常は用いませんが,住宅ローンを組んでいる場合には,住宅を維持したまま債務の圧縮ができるので,大変有用な手段となります。