当事務所では離婚にまつわる任意交渉,調停・審判,裁判手続きのサポートをしています。

離婚調停等の手続き

調停とは

調停は家庭裁判所で行われます。
調停はあくまで合意をまとめるための手続きなので,自分が納得していないのに裁判所に決められてしまうということはありません。
調停は「家庭に関する事件」についてであれば申立てることができます。典型的なものとして離婚または関係修復を求める夫婦関係調整調停(離婚調停),別居中の生活費を求める婚姻費用分担調停などがあります。

調停の進め方

調停期日では,2人の調停委員のいる部屋に夫側と妻側が交互に入って,調停委員に対して自分の主張を伝えることで進行します。
話がまとまらない場合は続行となり,通常1か月程度後に次回の期日を設定します。

調停の終了

調停で両者の合意ができた場合,調停が成立して終了します。
一方,合意がまとまらなかった場合(まとまる見込みのない場合)も調停は終了します。この場合,その後の手続きは調停の種類によって異なります。
離婚を求めていたが調停で合意ができなかった場合,強制的に離婚を成立させるには離婚訴訟を起こすことになります。
別居中の生活費の支払いを求めていたような場合,審判という手続きに移行し,裁判所が適切な金額の支払を命じることになります。

離婚裁判の手続き

裁判で離婚を求める場合,民法で決められた離婚事由がないと離婚は認められません。
裁判を起こす前にどれくらい勝算があるのかよく吟味する必要があります。
また,相手方が離婚すること自体は認めているが,条件面で折り合いがつかないというような場合も,その条件面だけ他の手続きを利用することで解決できないか検討する必要があります。離婚裁判は負担も大きいので,避けられるならそれに越したことはないからです。